空き家アートとは?日本や海外での事例をご紹介!

2024-02-06

空き家アートとは?日本や海外での事例をご紹介!

空き家は、税金や管理費がかかるだけでなく、放置すると火災や犯罪の原因にもなります。
では、空き家を有効活用する方法とは何でしょうか。
今回は、空き家をアート展示に活用する試みや、日本や海外の空き家活用事例についてご紹介いたします。

\お気軽にご相談ください!/

空き家アートとは?

空き家の放置は美観を損ねるだけでなく、安全上の懸念もあります。
最近では、アート展示を通じた空き家の活用が注目を集めています。
アート展示は、空き家の有効活用だけでなく、地域の活性化や観光振興につながるのがメリットです。
さらに、アート展示は所有者や地域住民とアーティスト、見学者との交流の場ともなるでしょう。
空き家をアートの舞台にすることで、地域社会における空き家問題への意識と理解を高める一環となり得ます。

▼この記事も読まれています
空き家を売りたい!「そのまま」「更地」のメリット・デメリットを解説

\お気軽にご相談ください!/

空き家とアートイベントの事例

本章では、実際に空き家でアートイベントをおこなった事例をご紹介いたします。
まず、香川県香川郡にある直島町でおこなわれた「家プロジェクト」は、地域の活性化と空き家問題への意識向上に成功しました。
空き家の空間そのものをアートとしており、地域の方々は散策しながら楽しめます。
次に、新潟県の「大地の芸術祭」には、約200のアートが点在しています。
長い期間をかけて空き家と廃校を改修し、建物をアートとしているだけではなく、なかには宿泊施設として利用できる空き家もあるのが特徴です。
最後に、兵庫県で開催される「下町芸術祭」では、現代アートを楽しめます。
さらに、空き家で現代アートを楽しむだけではなく、写真展示やワークショップも楽しめるのが魅力です。

▼この記事も読まれています
相続後に空き家になるリスク!終活で気になる住まいの問題とは?

\お気軽にご相談ください!/

海外の空き家アートの取り組みとは?

空き家問題は日本だけが抱えているわけではなく、海外でも空き家問題の解決方法が模索されています。
例として挙げられるのは、ドイツの空き家問題の取り組みです。
第二次世界大戦後に衰退した「ライプツィヒ」という街は、人口の減少に伴い空き家問題が重視されていました。
しかし、ライプツィヒには歴史的価値が高い建物が多く、それをうまく活用するためにセルフリノベーションをおこないました。
そうすることで、価値のある建物を失うことなく、自由な空間を若者へ提供でき、2000年頃からは人口が増加し始めています。

▼この記事も読まれています
空き家の水道光熱費が気になる!節約方法と解約方法とは?

まとめ

空き家は日本の社会問題となっていますが、アート展示として活用する取り組みが注目されています。
実際に、「家プロジェクト」や「大地の芸術祭」など、空き家を活用したアート展が各地方でおこなわれています。
そして、ドイツでは、空き家となった歴史的価値が高い建物をうまく活用し、人口が増加しました。
足立区での不動産売却・買取は株式会社ホームプラザ 足立支店がサポートいたします。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-800-767

営業時間
AM9:00~PM19:30
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ